読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

C9530-410 資格問題対応、C9530-410 関連日本語版問題集

 

JapanCertのC9530-410 資格問題対応を利用してみたらどうですか。この問題集はC9530-410 資格問題対応に関連するすべての参考書の中で一番優秀なものだと言えます。なぜならば、次の四つの理由があります。第一に、JapanCertのC9530-410 資格問題対応はIT領域の専門家達が長年の経験を活かして作成されたもので、試験の出題範囲を正確に絞ることができます。第二に、JapanCertのC9530-410 資格問題対応は実際試験に出題される可能性がある問題を全部含んいます。第三に、JapanCertのC9530-410 資格問題対応は試験の一発合格を保証し、もし受験生が試験に失敗すれば全額返金のことができます。第四に、JapanCertのC9530-410 資格問題対応はPDF版とソフト版という二つのバージョンに分けています。この二つのバージョンを利用して、受験生の皆さんは試験の準備をするときにもっと楽になることができます。

IBM認証試験に参加する方はC9530-410 資格問題対応の問題集を買ってください。成功を祈ります。

現状に自己満足して、自分の小さな持ち場を守って少ない給料をもらって解雇されるのを待っている人がいないです。こんな生活はとてもつまらないですから。あなたの人生をよりカラフルにしたいのですか。ここで成功へのショートカットを教えてあげます。即ちIBMC9530-410 資格問題対応に受かることです。この認証を持っていたら、あなたは、高レベルのホワイトカラーの生活を送ることができます。実力を持っている人になって、他の人に尊敬されることもできます。JapanCertはIBMのC9530-410 資格問題対応を提供できます。JapanCertを利用したら、あなたは美しい夢を実現することができます。さあ、ためらわずにJapanCertのIBMのC9530-410 資格問題対応をショッピングカートに入れましょう。

試験番号:C9530-410 最速合格
試験科目:「IBM MQ V8.0, System Administration」
最近更新時間:2017-01-21
問題と解答:57

>> C9530-410 最速合格

 

NO.1 A system administrator created a program to monitor the queue manager using Programmable
Command Format (PCF) commands.
The program reported an invalid format error in the message header when the system administrator
ran the program.
To correct the invalid program error, which message format should the system administrator specify
in the QMD Header?
A. MQFMT_STRING
B. MQFMT_COMMAND
C. MQFMT_REPORT
D. MQFMT_ADMIN
Answer: B

C9530-410 実際   C9530-410 好評   

NO.2 An application connects to local queue manager QM1 and puts messages on remote queue
QR1. QR1 has been defined with target queue QL2, target queue manager QM2, and XMITQ QM2.
QL2 is defined as a local queue in QM2. For security purposes, another queue manager, QM3, has
been created behind a firewall and all messages destined for QL2 on QM2 need to be routed to QL3
on QM3.
Assuming QM2 and QM3 are interconnected, what changes does the system administrator need to
make to achieve this without application failure?
A. Create an alias queue on QM2 pointing to QL3 on QM3.
B. Alter the QR1 RQMNAME parameter to point to QM3 and RNAME parameter to QL3 with XMITQ
QM2.
C. Create a remote queue on QM2 pointing to QL3 on QM3.
D. Alter the QR1 RQMNAME parameter to point to QM3 and RNAME parameter to QL3 with XMITQ
QM3.
Answer: C

C9530-410 受験生   
Explanation:
Reference:
http://www.ibm.com/developerworks/websphere/library/techarticles/1212_bhat/1212_bhat.html

NO.3 After a system crash, a system administrator tried to start queue manager QM1, but it failed
with
this error:
AMQ7047: An unexpected error was encountered by a command.
In the queue manager error log, this error was reported:
AMQ7472: Object QM1, type catalogue damaged.
The queue manager was using linear logging.
The system administrator needs to recover the queue manager. How can the system administrator
do this?
A. Run rcrmqobj command against the queue manager object
B. Delete the file containing the damaged queue manager object and restart the queue manager.
C. Run rcdmqimg command against the queue manager object.
D. Restore the queue manager active logs from a back up.
Answer: B

C9530-410 市販本   
Explanation:
Reference:
http://www01.ibm.com/support/knowledgecenter/SSFKSJ_8.0.0/com.ibm.mq.tro.doc/q040560_.ht
m

NO.4 There is a requirement to create a development queue manager on AIX with authorization
checks disabled.
How can a system administrator do this?
A. Create the queue manager and then run thesetmqautcommand with the-remove allattribute.
B. Set environment variable MQSNOAUT=yes before creating the queue manager.
C. Start the queue manager with the MQSNOAUT environment variable set to "YES".
D. Set SecurityPolicy=none on Service stanza in qm.ini file then start the queue manager.
Answer: B

C9530-410 初心者   
Explanation:
Reference:
http://www01.ibm.com/support/knowledgecenter/nl/en/SSFKSJ_7.5.0/com.ibm.mq.con.doc/q0170
30_.htm

JapanCertは最新の70-347問題集と高品質のMB6-705問題と回答を提供します。JapanCertのC9050-042 VCEテストエンジンとC2150-614試験ガイドはあなたが一回で試験に合格するのを助けることができます。高品質のC9050-548 PDFトレーニング教材は、あなたがより迅速かつ簡単に試験に合格することを100%保証します。試験に合格して認証資格を取るのはそのような簡単なことです。

記事のリンク:http://www.japancert.com/C9530-410.html